ピアノの置き場所について。

ピアノの購入や実家から持ってくるとなった時、どの部屋に置くか相談を受けることがよくあります。リビングだったり1人部屋だったり、あるいは和室や2階の部屋に置いていいのかなどです。実際に調律に伺ってもピアノが置いてある場所は様々です。

本記事ではこのピアノが置かれるそれぞれの部屋のメリットデメリットについてまとめました。最後に出来るならば避けたい環境についても書きます。

僕が見てきたピアノとお客様からの話を元に書いていますので、是非参考にして頂ければと思います。シンプルに箇条書きで並べていきます。

リビング

メリット

温度湿度が割と安定している。

今までたくさんのご家庭のピアノの調律に伺ってきて、リビングに置いてあるピアノって以外にも状態が悪くない事が多かったです。やはり人がいる環境はエアコンが入っていたりと温度湿度の上下が少ないからだと思います。

小さい子供はリビングに置いてある方が練習する。

小学4年生くらいまではリビングに置いてある方がよく練習するという話をよく聞いていました。1人で集中して練習するという事は小さいお子様には難しいからでしょうか。逆に高学年、中学生となってくると1人部屋に置いてある方が練習するらしく、「わたしが買い物に出かけると必ずピアノの音が聞こえてくるんです。」と言う方もいるほどです。

練習を親が見れる

これは特に小さいお子様がピアノを弾くご家庭です。どんな風に練習しているのかも見れますし、始めたばかりのお子様は一緒に練習する必要もあると思います。こういう時にはリビングに置いてあるといつでも気分が向いた時にすぐ弾けます。

デメリット

小学校高学年、中学生になるとあまり弾かなくなる。

先ほども書いた通り、思春期に入るに連れて練習の音を聴かれるのも嫌な時がきます。こうなると1人で練習できる環境の方が良いみたいです。

上手になると音がうるさい

上達してくると、曲も長くなり音も大きくなってきます。リビングに置いてあると、見たいテレビも見れません。

キッチンの近く

キッチンの近くは湿気が高いという問題もありますが、料理の油が少しずつピアノに付着していきます。毎日の事で、塵も積もればといった風に1年に1回の調律に伺うとベタベタになっている事もありました。キッチンの近くに置かれる時には油対策に薄い素材のピアノカバーをかけるのをオススメします。厚手のものだと湿気が中にこもってしまうので個人的にはいつも薄手の素材を薦めています。

和室

メリット

木目調のピアノだと、意外にも見た目が良い。

これは結構意外なんですが、木目調のピアノと和室の見た目の相性は抜群です。あくまでも個人的な感想ですが、お客様も案外しっくりきますとよく言われます。

デメリット

音は良くない。

和室はとにかく音を吸収します。音が跳ね返ってこないという事です。フローリングの環境と比べると響きはおとなしくなります。

畳の保護が必要。

畳がどんどんへこんでいくので、和室用の敷板やパネルを敷く必要があります

和室については別記事にもまとめています。

関連記事:和室にピアノを置いても大丈夫ですか?

1人部屋

メリット

集中して練習できる。

特に小学校高学年以上になると、1人でピアノを弾くようになります。

デメリット

温度湿度の上下が多い。

リビングと比べると、こういった普段から人がいない部屋の環境はピアノにとっては良くないです。冬場を例に説明します。

普段誰もいないので部屋の中は当然かなり冷え込みます。そしてピアノを弾こうとなった時に、暖房を付けて一気に温度が上がっていきます。こうなるとピアノの中の金属はキンキンに冷えていて、ピアノから見た外気が暖まるためほんの少しですが結露します。この湿気がどんと上がって、これが今度は暖房で過乾燥になっていくわけです。

短い時間での温度湿度の急激な変化はピアノにとってはかなりよくありません。

こういった環境でオススメしているのは、暖房なら2段階に分けて温度を上げていく方法です。暖房の設定が24度なのであれば、最初18度(おそらく暖房の一番低い設定)で1時間ほどゆっくり温度を上げたのちに、24度に設定するという方法です。時間は掛かりますがこのひと手間でピアノの状態ははるかに安定します。

2階の部屋(戸建て)

メリット

湿度が1階ほど高くない。

これはマンションに調律に伺った時によく思っていたのですが、やはり地面に近い方が湿度は高いです。ですので戸建ての場合でも2階の方がピアノにとっては環境が良いという事になります。

デメリット

地震の時と床の心配です。正直なところ僕が行っていた方で問題が起きたピアノはありませんが、特に地震対策はインシュレーターなどしておいた方がいいと思います。

ピアノにとって避けたい環境

直射日光

ピアノは直射日光を日常的に浴びているとあっという間に調律も狂い、木材も乾燥で割れてしまいます。よくピアノカバーをして日光が当たらないようにすればいいんですか?と聞かれるのですが、やはりピアノ本体が温まってしまうのであまり意味はありません。直射日光が当たる窓際などに置く場合には遮光カーテンでピアノの部分だけガードしておくなどの対策が必要です。

エアコンからの直接の風

特に暖房は良くないです。過乾燥であっという間に調律が狂います。

エアコンの下が良くないイメージを皆さんお持ちですが、エアコンの向かい側にあるピアノの方が影響を受けます。この場合エアコンの風向きを変える必要があります。

エアコンの下は風さえ当たらないのであれば問題ありません。ですが、アップライトピアノの場合座る本人には風が直撃になるのであまりオススメではありません。あと一度だけですがエアコンからの水漏れで大修理が必要になった事もありました。

床暖房

床暖房の上に何の対策もせずに置くと、熱と過乾燥でこれもあっという間に調律が狂います。強力な床暖房だと1回夕方から使っただけで調律する前くらいになる事もあります。

床暖房対策のパネルというものがあるので、これを設置することによりこれらの影響を防ぐことができます。このパネルは防音にもなるため、防音対策のページでも紹介しています。

防音対策関連記事:ピアノの防音対策とグッズ~マンション・アップライトピアノ~

ピアノの防音対策とグッズ~マンション・グランドピアノ~

さいごに

ピアノを家のどこに置くかについて書いてきました。

これは家によってパターンは様々ですよね。各場所でデメリットはありますが、基本的には対策が可能という事がなんとなくおわかり頂けたと思います。

ピアノを長く快適に楽しむためにも置き場所に合わせた適切な対策をしていきましょう。わからない時には楽器店さんや調律師さんに直接聞いてみるのをオススメします。

以上になります。
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 としさん