調律のご依頼

日本でのピアノ調律は11/4からスタートします♪

更新情報

2021.10.06
複数の方からのご要望にお応えする形で、学割の適用を「留学生も含めた大学・高校のピアノ専攻の方の日本でのお住まい」に変更しました。
また計算がややこしくなるため、調律料金に加えて出張料金も50%割引とさせて頂きます。
※消費税は通常通り10%です。

お問い合わせ先

ご相談やご質問のみの場合はお名前はニックネームでOKですし、お電話番号なども必要ありません。
お気軽にご連絡ください♪

お問い合わせフォーム

各種SNS

お気軽にフォローしてください♪
DMでのご相談もお待ちしております♪

クイック調律

ピアノ調整

出張料金

調律のご予約方法

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組み

修理について

学割と今後の調律料金について

よくあるご質問(随時更新)

頂いたご質問の回答をまとめています。ご不明な点があればいつでもお気軽にご質問ください♪

Q,長年調律していません。追加料金は掛かりますか?

年数空きによる追加料金は一切掛かりませんのでご安心ください。

Q,戻ってこない鍵盤があります。修理に追加料金が掛かりますか?

コース内の時間であれば追加料金は一切掛かりません。
ご希望のコース以上に時間が掛かりそうな場合には必ず作業前に相談させて頂きます。

Q,弦が切れています。追加料金は掛かりますか?

コース内の時間であれば掛かりません。
低音弦の場合は特注のため別途掛かります(メーカーと弦の太さ、長さによって金額が変わります)。 
※事前に弦が切れている旨をお伝えください。

Q,どのコースが良いのかわかりません。

当日ピアノの状態を確かめながらいくつかご提案させて頂いた上で一緒に決めて頂くことも可能です。
また、事前に下見(出張費のみ)ということで伺うことも出来ます。

Q,なぜアップライトとグランドピアノの調律料金が同じなんですか?

オーストリアの職場と同じスタイルでやっています。
アップライトの方が簡単というイメージがありますが、個人的にはちゃんとやろうとすると同じだけの労力が掛かると考えています。

Q普通のアップライトも調律して頂けますか?

もちろんです。
YouTubeの影響で「一般の方のピアノは調律されないんですよね?」というご質問をたくさん頂いております。これは間違いで、一般の趣味の方やお子さまが弾くピアノの調律をすることの方が多いです。

Q,習い始めたばかりの子どもが弾いているピアノも調律して頂けますか?

もちろんです。
お子さまが弾くピアノの調律をすることは僕は大好きです。ピアノが弾きづらいとつまらなくなって辞めてしまうなんて話も聞きます。ピアノが楽しいと感じてもらうためにはちゃんとした調律が必要と考えています。

Q,タッチを軽く出来ますか?

ピアノの状態にもよりますが、ほとんどの場合できます。
必要な作業によってはお時間が掛かる時がありますので、その際は事前に相談してから作業を進めていきます。

Q、音色を柔らかく(または硬く)することは出来ますか?

出来ます。
まずはピアノの出したい本来の音色が出るような状態を目指します。その上でお客様の好みがあればそれもピアノに反映するように作業します。状態によってはお時間が必要になりますので、その場合には必ず事前に相談いたします。

Q,普段来られている調律師さんに「このピアノは限界で買い替えが必要」と言われてしまいました。一度ピアノを見て頂くことは出来ますか?

出来ます。
調律師さんによって意見が異なることもありまして、調整をすれば全然大丈夫というパターンも多いです。

Q,お茶出しはいりますか?

お構いなくということでいつもお願いしております。

Q,九州に住んでいます。調律に来て頂くことは出来ますか?

ありがたいことに、遠くにお住まいの方々から同様のご相談をたくさん頂いております。
コロナもあり様子を見ながらではありますが、九州方面に調律に伺う際にはトシブログ・SNSでお知らせします。

Q,調律しているところを写真に撮ってSNSに上げてもいいですか?

もちろんOKです。その際はひと声おかけください。

Q,現在普通大学のピアノ専攻です。学割は適用になりますか?

適用になります。

Q,現在留学しています。実家のピアノの調律の場合学割は適用になりますか?

留学先での専攻がピアノであれば適用になります。

Q,YouTubeでピアノを演奏しています。毎月1回60分コースといった形の依頼も可能でしょうか。

もちろん可能です。
ご依頼内容はお客様のご希望に沿って相談しながら決めて頂いています。

Q,乾燥剤は入れて頂けますか?

お客様のご希望がある場合のみ、2コ3000円(税抜)で入れております。
費用対効果も含めてピアノを見ながら本当に入れる必要があるのかを相談させて頂ければと思います。