CATEGORY

YouTube

調律師によるガチの構造説明シリーズ⑥音抜けとアフタータッチ としチャンネル@YouTube

こちらの動画を文章でまとめています。ほぼ同じ内容になりますが少しでも参考になれば嬉しいです※内容としてかなり長く読みづらい部分もあるかと思います。動画とほぼ連動していますので、まず動画を見て頂いてわかりづらかった部分だけ読んで頂くのをオススメします。 ピアノの音抜けとアフタータッチ 舞台上などの本番時には絶対に避けたいこの現象 演奏中にppを出そうと思ってゆっくり鍵盤を押したら・・・音が鳴らない […]

調律師によるガチの構造説明シリーズ⑤音色が変わるとき としチャンネル@YouTube

こちらの動画を文章でまとめています。ほぼ同じ内容になりますが少しでも参考になれば嬉しいです※内容としてかなり長く読みづらい部分もあるかと思います。動画とほぼ連動していますので、まず動画を見て頂いてわかりづらかった部分だけ読んで頂くのをオススメします。 音色が変わった時にピアノの中身で起こっていること 音色についての個人的な考え(動画でカットした部分) 動画では省略しましたが、まず最初に「音色」に対 […]

調律師によるガチの構造説明シリーズ④レガートは見える としチャンネル@YouTube

こちらの動画を文章でまとめています。ほぼ同じ内容になりますが少しでも参考になれば嬉しいです。 レガートは見える ・レガートが先生のところでうまく弾けません ・色々なレガートを作りたい ・ピアノによってレガートの感覚が違うのはなぜですか など、YouTubeを始めてからレガートについてのご質問をたくさん頂きました。 確かにこのレガートの感覚ってピアノによって全然違いますし、ピアノが置いてあるところの […]

調律師によるガチの構造説明シリーズ③「センスが良い」を構造視点で言語化 としチャンネル@YouTube

こちらの動画を文章でまとめています。ほぼ同じ内容になりますが少しでも参考になれば嬉しいです。 センスが良いって何? 「センス」と聞くと色々想像が出来ますが、この動画内では目の前のピアノを弾く感覚、いわゆる楽器を操るセンスとしています。 調律師をやっていると、ピアノを勉強されている方から 「自分が弾きにくかったピアノで同級生がいとも簡単に良い演奏をしていてへこみました。何が違うんでしょうか」 だった […]

調律師によるガチの構造説明シリーズ②鍵盤の底を意識する先の”先” としチャンネル@YouTube

こちらの動画を文章でまとめています。ほぼ同じ内容になりますが少しでも参考になれば嬉しいです 鍵盤は1cmしか下がらない? この言葉、聞いたことがある、あるいは言われたことがあるという方、少なくないと思います。 実際に僕も言われたことがありまして、昔はスポーツ少年だったためガンガン弾いていたんだでしょう。 「50m走なら走り抜けるのが正解だけど、ピアノの鍵盤は1cmしか下がらないから無駄な力を入れな […]

調律師によるガチの構造説明シリーズ➀鍵盤の底を意識するの”先” としチャンネル@YouTube

こちらの動画を文章でまとめています。ほぼ同じ内容になりますが少しでも参考になれば嬉しいです。 ピアニストになるのに、ピアノの構造の知識は必要なのか 僕の個人的意見としては 必須ではない、ただ持っていた方がいい です。この部分について書いていきます。 あるピアニストさん達の話 オーストリアに来てから色々な現場で調律師として仕事をさせて頂く機会がありまして、その中にはコンサートや音楽祭での調律もありま […]