お気に入りCD紹介⑤!~絶対に知っておくべきピアニストです!~

スティーブン・ハフってご存じでしょうか。
超世界的ピアニスト。日本でも有名だとは思いますが、案外知らないという方も多いと思います。僕も当時関西に調律に行った時にお客様から彼について聞きました。

ちなみにニューヨークのカーネギーホールでリサイタルとなったらチケットは秒で売り切れるらしいです。
彼の演奏からはどの曲でも「祈り」の要素を感じます。

そして僕のお気に入りレーベル、ハイペリオンからのCD。最強です。

このシューマンのダヴィット同盟舞曲集は本当に手に入らない。あっても1万円とかになっていることもありました。僕はたまたまディスクユニオンで見つけてよっしゃーってなったのですが、ちょうどイエルク・デームスの山荘での調律でオーストリアへ行くタイミングだったので、彼にも聴いてもらうために持って行ったんです。
そしたらもう、ものすごく気に入って、、、、結果的に置いてくることになりました。。。

しかも彼はこのCDを秘書にプレゼントするという。
要はそれくらい良い録音だったという事です。

このレーベル、ハイペリオンは本当に音が良いです。生で聴いている音をそのまま録音しているように感じます。特に響きが多い環境、例えば教会などでの録音は必聴です。スティーブン・ハフもよく教会でCD録音しています。

そしてこのスティーブン・ハフのCDに共通して言えること、調律も素晴らしいです。ハイペリオンって調律師の名前が入っていることも結構あるのですが、スティーブン・ハフのCDには入っていないんですよね。なんとなくどのCDも同じ調律師さんじゃないかなぁとは思っています。

まだ知らないよという方は、是非聴いてみてください!


Piano Favorites