CATEGORY

調律関係書籍

ピアノ調律関係書籍~神様は五線譜の隙間に~

神様は五線譜の隙間にメディアワークス文庫著者:瀬那和章 小説です。 ピアノ調律師の小説といえば本屋大賞を受賞した“羊と鋼の森”が有名ですが、この“神様は五線譜の隙間に”もかなり面白いです。 ピアノ好きな人はもちろん、ピアノ調律師に興味のある人、高校生で調律師を目指そうか迷っている人は間違いなくオススメです。 神さまは五線譜の隙間に (メディアワークス文庫) この小説は物語も面白いのですが“プロとは […]

ピアノの調律関係書籍~ピアノの巨匠たちとともに~

ピアノの巨匠たちとともに ピアノ調律関係書籍、今回の本のタイトルは「ピアノの巨匠たちとともに」。 フランツ・モア、スタインウェイの元トップ調律師の自伝です。 ホロヴィッツ、ルービンシュタイン、グレン・グールドなどの巨匠ピアニスト達のそばには必ず彼がいました。 グールドの前専属調律師がクビになったまさかの理由や、巨匠たちのリハーサルの様子など、彼らの横にいたからこそわかる名ピアニストの一面、そして“ […]

【自由研究】調律師が薦めるピアノを使った夏休みの宿題向け書籍

カラー図解 ピアノの歴史 こちらの本です。 写真いっぱいで小学生にもわかりやすく、またオーストリアで調律師をしている僕が「おぉ!」となるような部分まで、ベートーベンやショパン、モーツァルトなどの作曲家たちが当時どんなピアノで演奏していたのかなどが解説されています。 自由研究でピアノについて何か調べるとしたら、”ピアノの歴史”は面白いテーマかと思います。 鍵盤の数だったり、そもそもの見た目など、今の […]

2021夏!ピアノを使った夏休みの自由研究のススメ。

日本で夏休みに調律に伺った時に、自由研究のために写真を撮ってもいいかと聞かれることがありました。もちろんいくらでも撮ってください!といつも対応していました。せっかくピアノを持っているのであれば、自由研究に使わない手はありません! 調べた知識は演奏にも役に立ちますし、モチベーションアップにも繋がります。良いことだらけです。 本記事では、ピアノがテーマの夏休みの自由研究についてまとめました。ここではシ […]