調律師は知っている。ピアノ高価買取への道!

もう誰も弾かなくなった
別のピアノに買い替える
引っ越し先にピアノが置けない

ピアノを手放なければならない事情はたくさんありますよね。
調律師として働いていると、調律やピアノの購入についてだけではなくこういった相談も多々受けます。

ここでズバリ言うとピアノを高く買い取ってもらうにはいくつかのコツがあります。本記事ではこの具体的な“コツ”について調律師としての経験からまとめました。

最も高い金額がつく方法

いきなりメインからいきます。

本当にごくわずかなチャンスですがタイミングが合えばさらに高くなるかもしれません。ただ時間がかかる場合もあるので、この後で紹介する一括査定で思ったよりも大きな価格差がついていた場合には簡単にそれで決めてしまって良いと思います。(一括査定で出た金額も業者さんによって保証期間があります。)

さて、ピアノ買取というのは買取業者さんだけではなく、実は普通のピアノ屋さんもしています。

お持ちのピアノを最も高く買い取ってもらえるタイミング、
それは

そのピアノ屋さんに同じピアノを探しているお客さんがいる時です。

リサイクルショップで夏物は春に高く売れるのと同じです。

狙いとしては、運送費の問題があるのでなるべく近所のピアノ屋さんから買取の問い合わせをしていきましょう。問い合わせに必要なピアノの情報はこの後説明する一括査定サイトにわかりやすく載っています。
近所の楽器店が過去に同じピアノを販売していたかどうかをホームページで見てみると、無駄に個人情報を伝えなくて済むかもしれません。
自分が住んでいる市外までいくと、運送料金がかなり高くなってあまり値段が付かない可能性もあります。

無料一括査定サイトを使って自分のピアノの値段を知る。

まずはじめに、自分のピアノが大体どれくらいの値段が付くのかを調べましょう。

最も簡単な方法は無料一括査定サイトです。

こういったサイトの良いところは、買取市場での価格が簡単にわかる事以外に、買取査定に必要なピアノについての情報(製造番号など)がピアノのどこに書いてあるのかがわかりやすく説明されているところです。
ここで調べた情報はこの後も必要になるのでメモしておきましょう。

査定を依頼すると各業者さんから連絡が入って値段など比べることが出来ます。この査定結果の時点でピアノによっては10万円くらい差が出る時もあります。

買取の基本的な流れなども書いてあるので、一度目を通しておくのをオススメします。

ピアノ一括無料査定【引越し侍】

【重要】これをやらないと査定金額は下がります。

”これ”とはズバリ、正確な情報を伝えないことです。

ピアノの買取の値段を知るために必要な情報は3つ、

➀ピアノの情報(査定金額のため)

ピアノのメーカーや機種、製造番号など。

②置き場所の情報(運送費の計算のため)

大体の住所、何階にあるのか、ピアノを家に入れた時はクレーンを使ったのか。

③持ち主の情報

名前・電話番号・正確な住所

この3つのうちのどれか1つでもハッキリしていないとピアノの買取価格は下がっていきます。

ピアノ査定金額-運送費=買取価格

なのですが、実際には③のいわゆる個人情報があるかないかで金額は大きく変わります。でも確かに個人情報を伝えるのって抵抗ありますよね。僕も可能な限り教えたくないです。

ですが例えばの話でいうと、非通知の電話で「ピアノはヤマハの〇〇です。横浜市の2Fです。この電話で今すぐ金額知りたいんですけど」と言うと、買取業者さんは間違いなく低めの金額を提示します。番号を伝えずに「また後で掛けます」と言っても基本的にはやはり低めの金額になります。

これにはしっかりとした理由があります。

まずピアノ買取業者さんは基本的にピアノを買いたがっています。そのためにライバルの業者さんがそのピアノにいくら値段を付けているのかを常にチェックしています。

一度電話を預かって調べた上で、ライバル会社よりギリギリ高い金額をお伝えしたいんです。基本的に金額を調べる理由は買取価格を下げるためではなく上げるためと言って良いと思います。
そして住所などもちゃんと情報が揃っていれば、ピアノと置き場所の情報への信頼も増すため高価買取に繋がります。

この個人情報についての考えは人によって様々ですので、教えたくないよという場合には既に情報を知っている人、例えば調律師さんや楽器店に買取の相談をしてみましょう。

買取査定の差がつく理由

査定金額に差があるのはなぜかというと、市場は常に変動していて人気機種も時間と共に変わっているからです。その会社によって力を入れているメーカーや機種が違ったりもするので、こういった要因が重なると10万円くらいの差が出てきます。

あと運送費の事も考慮しなくてはいけないので、近くに営業所がある業者さんが1番高かったりもします。

マイナーメーカーの場合

一括査定で調べた結果、思ったより金額が高くなかった。あるいはマイナスだったというパターンもあるかと思います。

有名なメーカー、例えばヤマハやカワイなどは金額もつきやすいのですが、それ以外のメーカーですとインターネット上で幻のピアノと呼ばれているような評判の高いピアノでも、思ったより低い金額になる事が多いです。

特定の濃いファンがいるメーカーよりも一般ウケの良いメーカーの方が高くなるのがピアノ買取の現実です。ですが、この濃いファン層の中には間違いなく中古ピアノを探している人がいます。
さきほどのワンチャンス狙いでいくつかの楽器店に問い合わせてみるのもありかと思います。
そういったピアノの場合、扱っているお店が限られていて逆にワンチャンスの確率は高いかもしれません。「メーカー名 中古 横浜」と検索して出てきた楽器店があればそこに問い合わせてみましょう。

今ぱっと思いつくメーカーはシュベスター、クロイツェル、イースタイン、オーハシ、ディアパソンでしょうか。他にもあるはずです。

ただ市場での買取値段を知るためにも、一括査定サイトで調べてみる事をオススメします。

買取金額保証について

このインターネットの時代、悪い噂はあっという間に広まるので以前と比べるとかなり少なくなったとは聞きますが、念のための注意点を書いていきます。

これは、金額が電話で伝えられていざピアノを取りに来たら、「あれ、こんなところに傷があるなんて聞いてないですね。これだと金額はここまで下がります。納得して頂けないのであれば今日の引き取りはできません。」と言われることです。

既にピアノの引き取り以外の引っ越しが全て終わっていて、明日カギを返すタイミングでこれを言われたらアウトです。

万が一の事もあるので引っ越しの際はピアノの引き取り日時は余裕を持って決めましょう。

また、ピアノの値段が下がるからという理由で”明らかに板が剥がれている、水を零したことがある”などの事を事前に言わないと当日持っていってくれないなんて事もあります。これは信頼関係なので、お互いに気持ちよくスムーズにやり取りが進むようにしましょう。

値段が付かない、または負担が必要というパターン

どうしても値段がつかない、処分料という形でお金を負担しないといけないというピアノも存在します。一括査定サイトでマイナスまたはゼロだけだった場合、ほとんどこのパターンです。

お金が掛かるくらいなら友人に無料で譲る方法もありますが、その友人は運送費を払いますし、こういったピアノは譲った先での調律が高額になるパターンもあるのであまりオススメではありません。この場合には、譲る前に譲って大丈夫な状態か調律師さんに下見してもらう事をオススメします。

どうしても負担したくないという場合はジモティーやネットオークションで引き取り先を探しましょう。

さいごに

かなり長くなりましたね。
最後にまとめると、ピアノを高く買い取ってもらうにはワンチャンスを狙う。
ただタイミングと運次第ですし、自分で電話して返事は結構待たされたりと時間もとられるので、一括査定サイトで最も高額だったところにお願いしてしまうのも僕は全然有りだと思います。

この記事を読んで頂いた方は、お持ちのピアノを手放すことを検討されている方かと思います。弾いている弾いていないに関わらず長い時間を共にしてきたピアノです。思い出のあるピアノが少しでも良い金額で引き取ってもらえて、且つそのピアノがまた誰かに使ってもらえたら1番ハッピーですよね。

本記事がこのようなことのお役に少しでもたてたのであればとても嬉しく思います。

以上になります。
最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 としさん